下から上へ

カッコイイ大人。アツい大人。紹介してます。たびたび脱線あり。

全ての創造はたった一人の「熱狂」から始まる ~ サイバーエージョント社長・藤田晋さん

まだ世の中にない新たなサービスを

生み出したい!立ち上げたい!

 

そんな思いを持って仕事と向き合っている人も多くいることだろう。

僕もそうだ。今まさにその最中にいる。

 

だからこそ、サイバーエージェント社長・藤田晋さんの

アメーバブログ誕生エピソードに、ぐっときてしまったのだ。 

 

「あと2年でダメだったら、おれは責任をとって会社を辞める」

 

スタート以来ずっと赤字を垂れ流し続けているアメーバ事業

株主からは批判され、多くの社員も冷ややかな眼差しをむけている中にあって、

藤田さんは、ある役員会でこう宣言した。

 

そして、当時のアメーバ事業部の幹部を総入れ替えして、

自らアメーバ事業の陣頭指揮をとった。

 

ひょっとしたら間違った方向を走っているのではないだろうか?

独りになると、そんな不安が毎夜脳裏をかすめることもあったそうだ。

だが、来る日も来る日も、アメーバのプロデューサー業にのめりこみ、

自らを信じて、目の前の道を進んでいった。

 

そして、結果を出した。では、アメーバの転換点は何だったのか?

 

 藤田社長いわく、幻冬舎見城徹社長から聞いた言葉で

本当の問題に気づかされたという。

 

「全ての創造はたった一人の『熱狂』から始まる」

「新しいことを生み出すのは、一人の孤独な『熱狂』である」

 

厳しい最中にあって、アメーバが今日のような姿になることを信じていたのは、

世界で藤田さんただ一人。アメーバ幹部をみな更迭し、自ら現場に立ち、

誰も相手にしない、たった一人の孤独な熱狂が、アメーバの成功を導いたのだ。

  

藤田さんは、さらに、こういう。

 

不可能を可能にするのが起業家です。

皆の反対を押し切っても、逆風に晒されても、窮地に追い込まれても、

それでも自分が本気で熱狂しているものなら

不屈の精神で乗り越えなければならないのです。

 

熱狂は、それを成し遂げるためであれば、

さまざまな困難、孤独や憂鬱や怒りを乗り越える力を

内包したものだと私は思います。

 

うん、しびれる。

僕は、今の仕事にどれだけ熱狂できているだろうか?

 

そんなことを考えさせられた夜である

起業家

起業家

 

【関連記事】

・あなたが下す決断が「あなた」をつくる ~ Amazon創業者ジェフ・ペゾス氏

・あなたの残高大丈夫?貯めよう「信頼残高」 ~ サイバーエージェント取締役・曽山哲人さん

・ゼロからイチへの地道な足し算 ~ 経営者・堀江貴文さん(ホリエモン)

・自分が痛いから、人に優しくなれる ~ 経営コンサルタント・神田昌典さん

・桁外れの結果を出す人の「不安」との向き合い方は?~サンリオ取締役・鳩山玲人さん 

・不器用、不格好な自分を愛してもいい? ~DeNA創業者・南場智子さん