下から上へ

カッコイイ大人。アツい大人。紹介してます。たびたび脱線あり。

チャンスを追い求める前にあなたがすべきこと ~俳優・堺雅人さん/鉄鋼王・カーネギー

新サービスの立ち上げをやりたい、世の中をあっと言わせる企画をしたい。

 そんなことをよく会社の若手が言っている。

  

夢や希望を持つことはすごく言いのだけれども

彼らの話を聞いていてすごく違和感を覚えることがある。

それは、今、会社から「求められていること」や「やるべきこと」を

十二分にやりきっていないのに、見栄えのよさそうな仕事にあこがれていること。

今やるべきことをやらずに、チャンスばかりを追い求めている。

 

最近読んだサイボウズ社長と大学教授・斎藤孝の対談

「なるほど」と思える話がでていた。

-------------

ドラマ「半沢直樹」主演の堺雅人の職業観は、

やりたいことをやるのではなく、やるべきことをやるという。

役者業は、次の仕事のオファーがない限り、そこで終わってしまう職業。

だからこそ、彼は「求められること」を着実にこなし次のオファーを待つ。

視聴率はたまたまの結果としか考えていない。

 

また、アメリカの鉄鋼王カーネギーも同じ職業観を持っている。

電信局で働いているとき、先輩の通信手が休むと、そこに代理に入る。

すると、「あいつは仕事ができるな」と評判になり、

別の部署で誰かが休むと代理を任される。

「求められていることを」誠実にこなし続けた結果、

成功のきっかけをつかんでいったという。

 

-------------

 大きなチャンス、自身の憧れる仕事を得たいのであれば、

 

まずは、「求められていること」「やるべきこと」を着実にこなす。

 それがきっと一番の近道なのだろう。

下町ロケット

下町ロケット

 

 

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版

 

 【関連記事】

・全ての創造はたった一人の「熱狂」から始まる  ~ サイバーエージョント社長・藤田晋さん

・あなたの残高大丈夫?貯めよう「信頼残高」 ~ サイバーエージェント取締役・曽山哲人さん

・ゼロからイチへの地道な足し算 ~ 経営者・堀江貴文さん(ホリエモン)

・自分が痛いから、人に優しくなれる~ 経営コンサルタント・神田昌典さん

・桁外れの結果を出す人の「不安」との向き合い方は?~サンリオ取締役・鳩山玲人さん 

・不器用、不格好な自分を愛してもいい? ~DeNA創業者・南場智子さん